【超初心者向け】ゼロからの英語やり直し教室New Beginningを使ってみた感想・レビュー【英文法通信講座】

この記事では、アフィリエイト広告を利用しています。

  • ゼロからの英語やり直し教室New Beginningが気になっている
  • 本当に効果ある?英語が苦手でもできる?
  • 使った人の感想が知りたい

「ゼロからの英語やり直し教室New Beginning」とは英語の通信講座で、文法に特化しています。

今はリニューアルして「基礎英語講座 New Beginning」という名称に変更になっています。

「ゼロからの英語やり直し教室New Beginning」は通信講座なので、実際に手にとって確かめられません。
教材として気になっても、買う前に不安になってしまいますよね。

でも、いつまでも迷っていても英語はできるようにはならず、時間ばかりが過ぎてしまいます。

私も申し込む前は不安でしたが思い切って「基礎英語講座 New Beginning」のリニューアル前の「ゼロからの英語やり直し教室New Beginning」を受講しました。

おかげで、語順が一番の謎で文法嫌いでしたが、文法大好きな人間になれました。

ヨッサン

受講してからは英語って実はシンプルで、だからこそ「世界共通語」なのだなと感じるようになりました。

今回の記事では「基礎英語講座 New Beginning」の具体的な講座内容と効果についてお話していきます。

最後まで読んでいただければ「英語は何となくなら…」で止まっていたところから抜け出すことができます。

本講座はまったく怪しい教材ではなく、純粋に「英語が苦手な人も無理なく取り組める文法の教材」です。

手厚いサポートや期間限定の特典もあるので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

「基礎英語講座 New Beginning」基本情報
会社名有限会社 Vandelay ePublishing
会社HPhttps://www.thebelltree.com/
制作者鈴木 拓
価格29,800円(税込32,780円)
申込HP
目次

英語苦手な人にこそ使ってほしい

「基礎英語講座 New Beginning」は文法特化の、英語学習初心者向けの通信講座です。

対象レベルとしては、TOEICなら500点以下くらいを想定しています。

講座1回目は英文の構造や「I, you, he/she」などの部分から始まるので、中学英語に自信がない人も受講対象になっています。

メインのテキストは、メールとPDFを使います。
ウェブカメラを使わずに受講できるので、英語が苦手&ウェブカメラが苦手でも大丈夫です。

メール受信できれば、スマホでもテキストは読めるので、どこに住んでいてもどなたでも利用できます。

こんな人に最適

  • 英語・文法が本当に苦手な人
  • 自分は英語力ゼロだという人
  • 近くにスクール等がない・海外在住の人
ヨッサン

特に「英語が嫌い・苦手だけど英語を基礎から勉強したい」という人にオススメしたいです。

英語苦手な人に向いている理由

英語が苦手な人にこの講座がもっとも向いていると思う点は、学校でも参考書でも教えてくれなかった「英語の基礎の基礎」を徹底的に教えてくれるところです。

具体的に言うとこんな感じ。

オススメしたい理由

  • 「名詞ブロック」の考え方が新しい
  • 解説がとにっかく徹底的に丁寧
  • サポートが手厚い
  • 幅広い年代の人が多く受講している
  • 自信がつく

ひとつずつお話していきますね。

「名詞ブロック」の考え方が新しい

英語の文章では「名詞」の単語が多く出てくるのですが、それは名詞が「核」になっているからなんです。

たとえば、名詞というと「book」「cat」「Japan」などのような1単語だけ、というイメージがあるかもしれません。

ですが、複数の単語がくっついても、役割は名詞と同じです。

  • 〈例1〉a professional book
  • 〈例2〉the west of the Pacific Ocean

例1も例2も、これで1つの名詞として働きます。

どちらも複数の単語が組み合わさってできた言葉で、名詞と同じ働きをしています。

そのため1つの名詞ブロック」として見ることができます。

名詞の働きとは、主に主語・補語・目的語になることです。

どういうルールで組み合わせるか?なぜ1つの名詞と見なすのか?というと、

  • 形容詞と冠詞は名詞の前にくっつく
  • 2語以上の形容詞は名詞の後ろにくっつく

このルールでくっついた単語同士は「1つの名詞」として見ます。
このことを文法用語で「名詞句」と呼ばれています。

名詞句 an interesting book
=冠詞an+形容詞interesting+名詞book

名詞句 a gorgeous cat
=冠詞a+形容詞gorgeous+名詞cat

さらには、形容詞にくっつく性質のある副詞も「副詞+形容詞+名詞」という形になって「1つの名詞(=名詞句)」になります。

これが「名詞をブロックで見る」という考え方です。

ほかにも「形容詞句」「副詞句」などあり、ルールに沿って単語同士がくっついた熟語のことを指しています。

参考書にも、もちろん同じ内容が書かれていますが、そもそも名詞や形容詞など品詞の説明が不十分です。

(というか情報が1箇所にまとまっておらず、ちらばっているので理解しにくいのです。)

「名詞をブロックとして見る」ことをじっくり学ぶことで、英文をパズルのように見ることができます。

公式ページでは「ブロックで見る」がどういったものかがわかる動画が見れます。気になった人はこちらのページからアクセスしてみてください!

ヨッサン

名詞ブロックは学校でも参考書でも「名詞句」として存在はしていても重要性や作り方を知ると英語の見方が変わります。

解説がとにっかく徹底的に丁寧

英語が苦手という人は学校や参考書では十分に教わらない「基本5文型」「品詞」の理解が曖昧なのかもしれません。

基本5文型は多くのページが割かれてはいますが、そもそも品詞がわからないと基本5文型は理解できません。

基本5文型と品詞は、英語の基礎中の基礎で、英語の命とも言われる「語順」に大きく関わる項目です。

それなのにも関わらず学校英語でも参考書でも解説はあまり十分に教えてくれません。

一方「基礎英語講座New Beginning」では、たっぷり品詞の解説があって、丁寧でわかりやすい言葉で書かれています。

形容詞とは「名詞を修飾する」品詞。

「修飾する」というのは文法用語で、「別の単語にくっついて、意味を加える」という意味です。

つまり、形容詞とは、

「名詞にくっついて、意味を加える」

品詞なのです。

例えば、deliciousgoodbeautifulなどがその例です。これを名詞の直前につけることによって、

delicious cake 「おいしいケーキ」

のように、意味を加えることができます。


文型についてもシンプルな言葉ながらも、一発で分かるように教えてくれます。

今までのところ、文は

  1. 主語と呼ばれる「誰が」の部分
  2. 動詞と呼ばれる「どうした」の部分
  3. その後ろに来る「何を」の部分

の3要素から出来ているとお話しさせていただきました。

(中略)

今までは、 

  1. 主語と呼ばれる「誰が」の部分
  2. 動詞と呼ばれる「どうした」の部分
  3. その後ろに来る「何を」の部分

とお話しさせていただきましたが、それは簡略化したものだとお話しいたしまし

た。

では、どこを簡略化していたのか?
と言うと、3の部分です。

英文には4つのタイプの文があります。(正確に言うと5つですが、5つ目のタイプは非常にむずかしいので、この講座では扱いません)

3の部分は、動詞の後に来る「何を」の部分とお話いたしましたが、この部分が4タイプあるのです。

具体的に言うと、

(1)、何もないタイプ
(2)、名詞か形容詞が来るタイプ
(3)、名詞が来るタイプ
(4)、名詞が2つ来るタイプ

の4つに分けられるのです。


書籍はどうしてもページ数を無限に使えないため解説が簡略化され、英語の超初心者の知るべきポイントを十分に解説しきれていない場合もあります。

ですが「英語基礎講座 New Beginning」はメールとPDFがテキストです。

上限を気にせずたっぷり文字数やページ数を割いているので、参考書では書ききれない部分も漏らすことなく解説されています。

ヨッサン

だから「しっかり確実に」理解できます。

サポートが手厚い

解説がいくら丁寧でも、全員が全員理解できるとは限りません。

「基礎英語講座 New Beginning」では、分からない部分があったら、メールで質問してもいいよ!というサポートがあります。

しかも、受講期間中はもちろん、受講が終わってから1ヶ月間は質問可能です。

大人になってからの英語学習は先生がいるわけではないので、勉強していて分からない部分が出てきても自力で調べなくてはいけません。

でもそもそもどうやって調べたらいいかわからない、ということもありますし、欲しい情報が探しても出てこないことってありますよね。

メールで質問できれば、文章で直接疑問をぶつけることができるので、ピンポイントに自分の知りたいことが解決できます。

24時間以内には返信してくれるそうなので、自分の疑問を忘れない内に答えが聞けるのも嬉しいですよね。

回答するのは教材を作成した「鈴木拓」さんご本人と、アメリカ人英語ネイティブスピーカーです。
教材を作った本人と英語ネイティブが答えてくれるので、疑問もすっきり解決します。

幅広い年代の人が多く受講している

英語初心者向けの講座ということで、様々な年代の人が受講しているようです。

リニューアル前の「ゼロからの英語やり直し教室New Beginning」のときには7,000人以上が受講していてかなり人気の講座です。

年齢を問わず「英語が苦手な初心者」のために作られています。

サイトにも年齢に関するQ&Aが掲載されていたので引用します。

中学生は2,3年生、高校生には自信を持っておすすめできます。中学1年生の場合、やや難しいと感じることもあるかと思いますが、オススメです。

小学生の場合、高学年であれば、親御さんのサポートがあればオススメですし、中にはサポートなしで学習できる子もいるかと思います。(小学生の受講生様もいらっしゃいます)


自信がつく

講座では練習問題があります。

文法知識を読んだ直後に問題を解くことでアウトプットできるので記憶に定着しやすくなります。

さらには「解けた!」という成功体験から自信がつくようになります。

またオススメなのが、一般的な参考書を講座した「後」に読むこと。

講座受講前にはわからなかった参考書が、受講後にはどんどん理解できるようになっているはずです。

参考書を理解できることも自信につながります。

もう一つ、自身をつけるためにオススメなのが、英語の記事や洋書を読んでみることです。

名詞がカタマリで見えてきますし、5文型のどれかのテンプレートを使っていることがわかるようになります。

「英語が読める!」という感覚になり、自信がつきます。

ヨッサン

参考書を読むだけでは得られなかった「文法がわかる」「英語が読める」感覚がゲットできます!

教材作成者は、英語が苦手だった

そもそもなぜこんな教材が生まれたか?というと、「基礎英語講座 New Beginning」を作った「鈴木拓」さんは、元々英語が苦手だったそうです。

中学の通信簿は2(5段階)しか取ったことがありません。

(中略)

決して勉強しなかったわけではなく、中学・高校で習う、典型的な勉強法

  • 書きまくって単語を暗記
  • 英文法問題の解法パターンを覚える
  • 英文をひたすら日本語に訳す

どれもやりましたが、効果はありませんでした。
「英語は才能がないとできるようにならない」
「自分には才能がないから、英語は一生できない」

と本気で思ったこともあります。

教師からも「そんなことも知らないのか」「お前に説明してもムダだな。こういうものだと覚えておけ」と言われてしまうくらい。

そんな経験をしながらも、英語の勉強法の方針を変えて、1年間でTOEIC900点までスコアが上がったそうです。

今ではTOEIC満点の990点、英検は1級を取得して27,600人の英語指導を経験なさっています。

中学・高校で習う勉強法は非常に非効率的ですし、多くの英語学習者は必要なステップを踏まずに間違った順番で学習しています。

そうではなく、きちんとやるべきことをステップを踏んでやっていけば、ちゃんと英語はできるようになるのです。

元英語苦手さんが作る教材だからこそ、英語が苦手な人に必要な、テキストの書き方だったりサポートがあります。

講座内容と申込み後について

「基礎英語講座 New Beginning」は、中学英語を網羅しているというよりは基礎をしっかり徹底的に学ぶことが狙いになっています。

基礎さえ固まれば、応用部分の理解がわりと簡単にできるからです。
逆に言えば、基礎が理解できないと応用も理解できないんですね。

英語が苦手な方・初心者の方が伸び悩んでいる一番大きな原因は、

最初からやらずに、すっ飛ばしてしまうこと

繰り返しになりますが、世の中のほとんどの教材は中級者向けな上に、「英語が昔から得意な人」が作ったものです。そのため、本当の基礎は「このぐらいわかってるでしょ」とすっ飛ばされてしまうのです。

例えば、教材をやっていて、

「ここは名詞しか入らないため…」
「前置詞と組み合わせて使わないとダメなんです」

のような説明が出て来たときに、

「?? そもそも名詞って何だろう…?」
「組み合わせて? 前置詞って何か組み合わせなの?」

のように、「意味がわからなくて勉強しているのに、その説明の意味またわからない」なんてことがよくありませんか?

(中略)

英語と言うのは、ピラミッドのように積み重ねです。一番最初の基礎から、順番に、必要なステップを踏んで行かなければ、努力が水の泡になってしまいます。

カリキュラム品詞と時制多め〉

スケジュールは、週4日×3ヶ月、計54号に渡ってメールが配信されます。

月曜・水曜が文法知識の解説と、練習問題の出題、火曜・木曜は問題の解答と解説が送られてくるというサイクルになります。

メールが定期的に送られてくるので、毎日の英語学習を習慣化しやすいと思います。

自分のペースでやりたいという人にも、54号分の内容が1つになったPDFは申込後に送られてくるので勉強しやすいです。

テキストの内容は公式サイトに目次が掲載されているので引用します。

第1~4号 英語の基礎中の基礎(I-my-me、冠詞・名詞の単数複数・可算不可算の概要など)
第5、6号 名詞ブロック
第7、8号 動詞の変形
第9、10号 be動詞と否定文
第11、12号 文型
第13、14号 副詞とthere be S
第15、16号 等位接続詞
第17、18号 形容詞と特殊表現
第19、20号 前置詞
第21、22号 前置詞を使ったイディオム
第23、24号 従属接続詞
第25、26号 従属接続詞thatを使った表現
第27、28号 現在形、現在進行形
第29、30号 過去形と現在完了形
第31、32号 現在完了進行形、過去進行形
第33、34号 未来形
第35、36号 時制の一致
第37、38号 助動詞
第39、40号 助動詞の過去形
第41、42号 受動態
第43、44号 Yes/No疑問文
第45、46号 5W1H疑問文その1
第47、48号 5W1H疑問文その2
第49、50号 お願い・否定疑問文・付加疑問文・答え方
第51、52号 仮定法
第53、54号 命令文・感嘆文・SVの短

奇数号:知識の解説と問題の出題
偶数号:問題の解答と解説

というように、2号でワンペアとなっております。

英語の基礎が学べる講座とあって、品詞と時制の解説が多めです。

公式サイトでメールアドレスだけ登録すれば、無料でサンプルが見られます。

補助テキスト・特典

メインテキスト以外にも、補助テキストがついていきます。

  1. 英語学習における日本語の使い方
  2. 理解必須の超重要事項の確認
  3. 英語学習で気にしてはいけないこと
  4. リスニング+英文法
  5. よくある英語学習方法の間違い

メインテキストの内容に関連するものから、
英語学習中に壁になる「日本語の使い方」だったり、
難しすぎる「冠詞のthe」「可算名詞・不可算名詞」などの扱いについて書かれた補助テキストがかなり役立ちます。

また、上記5つの補助テキストに加え、リスニングや語彙(ボキャブラリー)も強化できるPDFと語彙対策用のPDF「語彙力診断とその対策」がついてきます。

「語彙力診断とその対策」では400問の単語の問題が出題され、自分の語彙力を診断。
その結果をもとに対策も解説してくれるようです。

さらにさらに、

  • [動画解説] 新特典リスニング・語彙・発音を鍛える
  • 本1冊分の豪華特典「TOEICのスコア診断と取るべき対策」

など、かなりのボリュームの特典が付いていきます。

ただメインの講座に直接関係するものは「理解必須の超重要事項の確認」だけなので、好きなとき、時間に余裕のあるときに目を通すくらいでOKです。

大事なことが書かれているのでぜひ積極的に読んでほしいですが「読まなきゃ!」と追い込むのはオススメしません。

ヨッサン

余裕のあるときに英語学習の助けとして読んでください。

期間限定の特典

今の時期限定の特典もついてきます。

  • 穴埋め問題集と復習問題集
  • 海外ドラマ学習テキスト

単語でも文法でも覚えたことというのは、実際に使うことで定着し、忘れにくくなります。

講座を終えたあとに「穴埋め問題集と復習問題集」を取り組めば、講座で習ったことを記憶に定着することができます。

さらに、海外ドラマ好きなら嬉しいのが「海外ドラマ学習テキスト」です。

「ドラマで英語学習するならコレ!」と言われることの多い「フレンズ」と「フルハウス」の2つの海外ドラマを使って英語学習できる特典も付きます。

スクリプトやその日本語訳や、英語の解説の他に、問題・解答もつくので、楽しみつつしっかりとした英語学習ができます。

どちらも期間限定なので、気になる人はこちらから詳しい内容をチェックしてみてください。

申込後、すぐにテキストが送付されます

講座申し込み後についてお話します。

私が受講したときと変更があるかもしれませんが、実際に申し込んだ後どうなるのか気になるかと思うので、参考にしてみてください。

クレジットカードで決済された場合、申込後すぐにこんな件名のメールが届きます。

  1. お申し込みありがとうございます
  2. クレジットカード決済の確認をしました
  3. 講座のファイルをお送りいたします。
  4. 本講座の進め方について

「1.お申し込みありがとうございます」では、決済した料金や講座開始までの手続き(講座で使うテキストのPDFデータのダウンロード)をしておいてね、という内容が書かれています。

予備メールアドレスの登録をしておくように求められますが、それ以外に特に何かしないといけないことはありません。「ちゃんと申し込めた」と確認するだけで大丈夫です。

「2.クレジットカード決済の確認をしました」は決済の確認が取れたことの連絡です。何もしなくてOK。

「3.講座のファイルをお送りいたします。」というメールでは、実際に講座で使用するテキストや補助テキストのPDFデータをダウンロードできます。

メール講座なので、メールで1通ずつ学んでいけるのですが、まとめて勉強したいなどの場合のために、全講座内容がまとまったPDFがもらえます。

そのPDFは申し込み直後のメールで送られてきます。
添付ファイルとしてでなくダウンロードできるURLが書かれているので、講座が始まる前にダウンロードして保存してね、と言われます。

このPDFの使い方の解説についても書かれているので、困ることは少ないかなと思います。

「4.本講座の進め方について」では、後日始まる講座のスケジュールについて、PDFファイルがどの件名のメールで送ったかについて書かれています。

もし、わからないことがあったら、質問専用アドレスというのも記載されているので、そこへ質問・疑問を送ると答えてくれます。

体験談(良かった点と残念な点)

私が受講した感想です。
語り始めると長くなってしまうので、箇条書きで軽くお伝えいたしますね。

良かった点

  • 英語の語順のルールが一瞬で解けた
  • 週4日、1日1回受信するメールを読めばいいから続けられる
  • 文法がパズルに見え、楽しく学べた
  • 短い英文も長い文章も読めるようになった
  • 自分で英文を組み立てられるようになった
  • 値段が高く感じたけど長い目で見てお得
  • 特典やサポートが充実している

残念な点

  • サイトデザインが若干古くて信用しにくかった
  • 格が高いと感じた(買う前は)
  • 解説が丁寧すぎてくどいと思うこともあった

気づけたこと

  • 品詞は重要だということ
  • 品詞には見分け方があること
  • どんなに長い文章も構造は単純ということ
  • 公式サイトはあやしさがあったけど講座は本物だった

講座との出会い

私が受講したのは2014年のとき。
それまでは英語の語順が一番の謎で、文法書を読んでも理解できませんでした。

そんな中、英語学習について情報収集しているとき。

通訳と翻訳のお仕事をされている人のメルマガで、「基礎英語講座 New Beginning」とは別の、鈴木拓さんの別の文法講座を「やっとオススメできる文法の教材に出会った」と言って紹介してくれたんです。

公式ページを読んで、まだ慣れない「ネット教材を買うこと」にビビりつつ、でも講座にはかなり興味を惹かれていました。

でも迷う時間がもったいなくて、かなり腹を決めて、講座に申し込みました。

このとき申し込んだのが、「ゼロからの英語やり直し教室New Beginning」という「基礎英語講座 New Beginning」のリニューアル前の講座でした。

まだまだ英語力ゼロで初心者だったので、メルマガで紹介された講座の初級者向けバージョンもあるということでこちらを選びました。

ヨッサン

公式サイトのデザインがめちゃくちゃ独特で、最初は正直「だ、大丈夫か?これ…」と思ってました。笑

毎号衝撃を受けていました

実際に講座が始まって、メールを読みますが毎号毎号が「初めて知った!」衝撃の内容。

でも実はすでに知識としては学校で習っていたものだったんです。

「初めて」と感じたのは、文法の見方が変わったからなんじゃないかと思うんです。

上の方でちょっと書きましたが「ゼロからの英語やり直し教室New Beginning(基礎英語講座 New Beginning)」では「英語をブロックとして見る方法」を解説しています。

それが、私が初めて出会った見方で、衝撃を受けながら文法を新しい視点で学べました。

ヨッサン

そのおかげで一番の謎だった、英語の語順も秒で理解できました!

受講して変わったこと

  • 英文を読んで、意味がわかるようになった
  • 英語が「言葉」として見れるようになった
  • 英語が「言葉」として聞けるようになった
  • 英文を書いたり、英会話もできた!

英語を読むときにはブロックで区切りながら進めていって、わからない単語を調べればおおよそ正確な意味をつかめるようになりました。

理由としては、英文の構造をしっかり理解できたから。

英語が単なる文字の羅列じゃなく「意味のあるもの」として「意味を理解しよう」と思えたのだと思っています。

それは読むこと以外にも効果があって、

  • 意味を理解しながら聞き取る
  • 英文を組み立てる
  • カナダ生活でも英語にあまり困らなかった

ということが現実に達成できました。

これらは全部、英語の基礎を「ゼロからの英語やり直し教室New Beginning(基礎英語講座 New Beginning)」で学んだおかげだと思っています。

ヨッサン

大げさじゃなく、今の私を作ったのはこの講座だと本気で思っています。効果を今でも感じています。

基本情報

「基礎英語講座 New Beginning」基本情報のおさらいです。

「基礎英語講座 New Beginning」基本情報
会社名有限会社 Vandelay ePublishing
会社HPhttps://www.thebelltree.com/
制作者鈴木 拓
価格29,800円(税込32,780円)
教材内容メール・PDFテキスト(54号分)
※動画・音声ファイル付き
※補助テキストのPDFファイル付き
※期間限定特典のPDFファイル付き
申込HP

対象レベルとしては、TOEICなら500点以下くらいを想定しています。

具体的には

  • Iとmeの変化
  • give-gave-givenのように動詞の形が変わる
  • 過去形とは、最後に-edをつけるのが普通
  • He was a good man.の否定は、He was notと、notをつけるだけだが、He threw a ball.の否定は、He did not throwと、did notを前に出し、動詞を原形にする

などがわからない人に向けた教材です。

動画でも勉強できる

基本的にはメールでの配信かPDFのテキストがメインです。

ですが、テキストと同じ内容の動画も配信されます。

人によっては文章より動画のほうが頭に入りやすいこともあると思うので、そういう人は動画で好きな時間に視聴することも可能です。

また、動画の音声のみのデータもつくそうなので、通勤・通学中や出先などで使うなど、状況に合わせて自分の好きなスタイルで受講できます。

英語の基礎力が身につく講座です

「ゼロからの英語やり直し教室New Beginning」がリニューアルしてパワーアップした「基礎英語講座 New Beginning」についてお話してきました。

TOEIC500点以下の初心者向けの講座ではありますが、

  • 英語全般は中級者でも、文法に関しては基礎が弱いと感じている
  • 「名詞って何?」と思っている

そんな人たちにぜひ取り組んでほしい教材です。

品詞や文型などの基礎を徹底的に解説しているこの講座は、作成者である「鈴木拓」さんの経験が生かされています。

鈴木拓さんはかつては

  • 英語が苦手で中学の通信簿では5段階中「2」
  • 英語の才能がないから一生できるようにならないと思い込む
  • 先生からは「そんなこともわからないのか」と言われる

というエピソードを持ちながらも、

  • 1年でTOEIC900点達成
  • その後はTOEIC満点の990点取得、英検1級合格
  • 27,100人に英語指導

などの経験から「英語は基礎から順番に学ぶべきだ」と気づいたからこそ作られた出来上がった講座です。

正直、サイトのデザインがかなり独特ですし、SNSでもあまり口コミを見ないので「怪しいな…」と思うかもしれません。

実際に私は受講したことがありますが、何よりも講座の内容がわかりやすくて、初心者でも英語の基礎が「必ず」と言ってもいいくらい身につきます。

ヨッサン

私は文法嫌いでしたが、講座を受講してからは文法を面白く感じるようになり、今では文法好きになっています。

自分が実際に受けて、英語学習人生変わった!くらいに感動した講座なので、文法に悩んでいる人に本当に本当に×100、オススメです!

でも、高額ですし、手元に来るのは、実体がないメールとPDFだけって不安になりますよね。

  • 申し込む前にもっと知りたい
  • 具体的な内容が気になる
  • いきなり申し込むのは不安…

という場合は、まず一度サンプルを見ることをオススメします。
公式サイトからは講座内容に関する動画が見れますし、サンプルも見られます。

無料のサンプル請求はこちらから申し込めます。

サンプル請求をしても勧誘はありません!ご安心ください。

\ 先着10名限定で英作文添削特別企画やってます

中学英語や基本的なことはわかるけどもっとしっかり学びたいという人や、TOEIC500点以上以上の人は【文法キライ必見】スマホOK!メルマガみたいな英語の通信講座「総合実用英文法講座」もあわせて読んでみてください。

あなたの英語学習のお役に立てたら嬉しいです。

この記事がよかったらシェアしてね!
目次